JK  ー塾長個別ー

 

明日はすごい日になる!

 

塾長が個別指導します。

塾生が増えすぎた場合は、入塾をお断りすることもあります。

将来的には、月謝の値上げもあるかもしれません。

 

FCIスクール 浅野本校

電話 087-879-2741

塾長 090-2826-8385



4月からの新ルール

 

  100点取れるまで帰れません。

 

 塾では毎回確認テストを行っていますが、テストが90点以上取れるまで何回でも繰り返します。帰る時間までに終わらない場合は、授業を15分延長します。

 

 中間・期末対策授業のお試し(全7日間)

 

               (☚詳しくはこちらをクリック)

     1科目 2000円

 

     ・テスト前2週間ほど前から受け付けします。

   ・ホームページを見たとお伝え下さい。

  

 

 注目1 「JK」とは「塾長による個別指導」です。

   

 塾長が、塾生全員の一人ひとりを責任をもって個別に指導します。

   ただし補助の先生もいますが、基本的に〇×だけを補助の先生にしてもらい、指導は塾長が行います。 

  

 

 注目2 「JK」は効率的な学習を追求します!

   

1 無学年の空間で「1チーム生徒4人」までの個別指導です。 

  1年から3年までの無学年の空間には生徒間を仕切るパネルはありません。先輩と一緒に学ぶ環境は学校にはない緊張空間です。1チーム最高生徒4人までの個別指導です。

  

 

2「赤プリント」を丸暗記

  授業の最初に穴埋め問題の「赤プリント」をまず暗記してもらいます。もちろん「赤プリント」の解説は行います。英数理社とも、「これだけ暗記すればOK」の赤プリントを準備。受験を控えた3年生には短期間で復習できると「大好評」です。

 

理科・社会は、まとめの重要な個所を、修正テープで白く塗り、穴埋め問題にしました。塾長の経験ではこれが一番力がつきます。これを毎回授業中にテストしています。

 

数学も理解するうえでのポイントを、修正テープで白塗りし穴埋め問題として、生徒に書き込ませています。また、演習問題には、生徒が自力で解けるように、難しい問題にはすべてヒントを書き込み、生徒全員に渡しています。なお、プリントが散逸しないように、個人用にファイルを渡しています。

 

3 理解科目は「確認テスト」を100点とれるまで繰り返す。

  数学などの理解型の教科は、授業の後半で「確認テスト」を実施。インプットよりもアウトプット。結果にこだわります。90点以上取れるまで繰り返します。時間内に終わらない場合は15分延長します。

  

4 ドライヤー勉強法

  塾の問題集はすべて、フリクションボールペンで勉強します。間違った問題はドライヤーできれいに消去。宿題でもう一度、解いてきてもらいます。2回目を解くときにいちいち消しゴムで消すのは大変です。

 

 

フリクションボールペンとドライヤー ビンゴ 宿題ポイントカード

  

4 3色ボールペン法

  青〇はケアレスミスの問題。緑〇は難しかった問題。テスト前にはこの青と緑を集中的に復習するのがスマート式です。

 

 

注目3 「あめとムチ」で学習意欲を追求

 

 1「自己ベスト賞」

  中学入学以来の成績が、自己最高の場合は最高3000円の自己ベスト賞を差しあげています。

 2 「宿題じゃんけん」

  宿題をすると毎日「1000円」が当たるじゃんけんにチャレンジ!

 成績が上がる生徒は、塾の宿題を「手を抜かずに100%」してくる生徒です。50番前後の生徒が一気に10番以内に入る生徒が過去何人もいますが、共通するのは「宿題を手を抜かずに100%してくる生徒」です。

そこで「宿題をしてきたくなる工夫」として、宿題してじゃんけんで勝てば「毎日1000円あたる」をはじめました。 

 3 「恐怖の宿題メール」

  宿題をしていない場合には、授業終了後に親御さんに「宿題未メール」でお知らせしております。

 

「中間テスト対策授業」の休憩中です

 

 注目3 ご父兄との連絡を大事にしています

 

 その日の塾の宿題は%で、確認テストは点数で毎回お知らせしています。

 

 ②宿題をしていない場合には、翌日までにご父兄にメールでご報告しています。

受業の準備が整いました。

注目4 JKは授業料の低減も実現しました

 

 授業の効率化で人件費を抑え授業料の低減を実現しました。

   来年度からより満足されるサービスを提供するために、値上げの予定です。

 

 週2回(英・数 個別)    

120分×週2回  月額2万円

 週3回 (英数理社 理社は集団

120分×週3回   月額2万3500円

 

 

 (参考) ネットとチラシで調べてみました。(税別・税込は不明。)

 

スクール×E   90分    週3回      4万円+維持費

MK義塾        90分  週3回       3万6千円+維持費

個別N B       80分    週2回         2万5千円 

京×スクール×  80分     週2回         2万9千円 

××ヒーローズ    50分       週2回         1万5千円

さ〇〇塾    90分   週2回   22680円+維持費1080円

 

FCIスクール 120分  週2回        2万円

             週3回    2万3500円 (理社は集団授業です)

FCI入試過去問授業 週4回×2時間  +7200円(週4回)

 

注目5 「JKは2時間の個別指導」で、たっぷり勉強できる

  個別指導は普通は授業時間が、50分から長くても90分です。

個別指導はどうしても単価が高いので、時間が短くなるのです。でも個別指導でも自分で考えて解く時間が絶対に必要です。

 だから「Jk個別指導」は2時間の個別です。この2時間という長時間の中で、生徒がじっくり考える時間が取れるのです。

注目6 「JKは私語が全くない」緊張空間

  

個別指導にありがちな生徒間のパネルがありません。

先輩や受験生のいる空間では、全員が2時間真剣に授業に取り組んでいます。

 

自習風景

 

 注目7 JKは塾長の熱意と経験で、本気で成績を上げる!

 

   塾長は高松高等予備校で、13年間大学進学コースの英語を担当し、近畿大学から、入試問題の解説講座をRNC放送の会場で100人以上の生徒を集め解説をし、大好評でした。更に「英文法111の解法」を、教科書も発行する「文英堂」から出版。

 

  塾長の熱い指導が毎日続きます。塾長の練りに練った個別指導法を実践しています。 塾長の毎日の叱咤激励の中で生徒たちが今日も頑張っています。 

 

 

 中間・期末対策授業のお試し(全7日間)

 

               (☚詳しくはこちらをクリック)

     1科目 2000円

 

     ・テスト前2週間ほど前から受け付けします。

   ・ホームページを見たとお伝え下さい。

  

 

 注目8 「無料お試し」で入会金0円

 

 スマート式個別指導のお試しは2回、無料で体験できます。

 無料体験を受けるとほとんどの方が入会頂いています。成績が下位の生徒も上位の生徒も入会していただいております。お試しの特典として、入会金10000円が無料となります。

 

よくある質問

Q 定期テスト対策はありますか?

  定期テスト前の土曜日・日曜日には対策授業を実施します。テスト期間中は、下校時に塾で自習や質問ができます。


 

Q 診断や入試の過去問を解くことはできますか?

  診断・入試過去問を50分で解き、その解説を行う集団授業を9月から開講します。入試問題にははっきりとした傾向があり、よく出る問題や出題のパターンも毎年同じです。どんな問題がでるのかしっかりとした対策を立てていれば、入試の不安もなくなります。これは塾長の看板授業です。

塾長の入試対策授業。

夏休み大逆転作戦 クリック

 夏期講習のご案内

中間・期末対策授業のお試し(全7日間) 先着3名 募集

① テスト直前の土曜日と日曜日 各 5時間×2日=10時間

 定期テスト専用問題集などを使用します。

 午前10時~12時 →定期テスト予想問題(基礎・標準・応用)を解きます。

 午後2時~5時 →午前中のテストの間違い・疑問点を個別に指導します。

 

 ② テスト直前の週(平日)の午後2時~6時  約17時間

   テスト前の昼間の質問と自習

   学校から帰宅後の昼間の時間帯に質問と自習ができます。

   (塾のテキスト・数学演習・基礎理など学校の問題集)

 

 ③ テスト後の結果分析とスマート学習の無料体験2回  

 

   ④ 受講料  (①②③の合計) →1科目2000円

    テキスト代別途 →定期テスト予想問題集 (英・数・理・社)800円

      1科目からお申し込みできます。

塾長紹介

高松市三谷町出身(現住所は高松市香川町)

 

  高松第一高校卒、中学時代、中2の冬に病気を患い成績が急降下。体重は落ち常に汗をかき疲れやすく勉強にも集中できず、心臓の脈拍は安静時で120もあった。これに親もやっと気づき、病院に行くも原因が分からず、そのまま高校受験。何とか合格するも、とにかく精神的に苦しかった。高校1年の時、1学期の順位は600人中550番くらいだった。そこから奮起して、夏休みに猛勉強し2学期の実力テストで学年5位となる。しかしこの後、再びほとんどまともに勉強せず、再び成績は下降、3年になってから勉強しようと思ったが、気持ちだけで勉強の仕方も分からず、成績は下位を低迷し、そのまま大学入試をむかえる。担任に「早稲田を受験します。」というと、「逆立ちしても受からない」と笑いながら言われる。しかし早稲田のみ受験し、予定通り不合格。

その後、高知に坂本龍馬の銅像を見に傷心旅行をするが、銅像がどこにあるのか分からずそのまま足摺岬へ。立ち入り禁止区域に無断で侵入。断崖絶壁から見下ろす太平洋は、恐ろしかった。

その後浪人。夏休みまでに偏差値45から一気に65にあげ、担任から早稲田に受かると断言される。 その後はあまり成績は上がらなかったが、翌年無事合格。

 

 このころの経験が、学習塾経営のノウハウとなる。 卒業後はNTT、JR、四国電力、114銀行に内定を取るが、なぜか行政にかかわりたく、高松市役所に就職。しかし配属先は、生活保護課でケースワーカーとして福祉の現場に立ち、福祉行政の現実に苦しむ。この時の経験がのちの市役所退職の原因となる。7年後、係長昇進試験で、200名のうちわずか合格者20名という試験に、トップの成績で合格。この時も、受験時代の受験テクニックが役に立った。その後もやはり行政の仕事になじまず、退職。高松高等予備校、大学受験科(英語科)に転職。 2000年に「シグマベスト111の解法で決める 英文法・語法問題の完全攻略」を「文英堂」から出版、その後FCIスクールを設立し現在に至る。

  

 

尊敬する人物は坂本竜馬、織田信長、吉田松陰。

塾長が「英文法111の解法」を書いたわけ

 

  1. この本を書いたいきさつ
  2. 書くまでの苦労話
  3. 君たちへのメッセージ          

 

電話  087-879-2741

お急ぎ 090-2826-8385

香川町浅野塩江街道 レデイ薬局浅野店正面