塾長 の

受験テクニック動画はこれだ。

君は成績の上がらない人?


3色ボールペン法

英語は速読・音読で好きになれるぞ

③塾長が英語偏差値を3か月で20上げるのにしたこと

塾長はこれで英語の偏差値をたった3か月、45から65に一気に上げた。(高校生必見の英語勉強法)

睡眠学習法でやる気スイッチオン

15分で、脳は時間の経過をリセットする。起きた瞬間過去のモードが消去されている。

飢餓状態で死ぬ気で勉強せよ---腹ペコ勉強法

東大生の卑怯な勉強法 (今すぐ勉強部屋から脱出せよ)

君は半分しか脳を使っていないからだめなんだ

男は特に右脳を使っていない。右と左の脳を同時に使う簡単な方法がある。誰もが気づいていない能率倍増の方法とは

教科書の太字をノートに書くまずい方法

暗記ノートを作るならこれがベスト。時間がかかっても確実に成績を上げたい人は必見。

 

Prof. Iwase の

人生成功のテクニック動画はこれだ!


今の俺は不愉快だと脳に信じさせると奇跡が起こる

あなたの夢を人に熱く語れ (池に石を投げろ。何か起こる)

成功脳に夢をインプットする

そろばんで記憶力がよくなる

そろばんのフラッシュ暗算が、記憶力も強化。勉強にイメージ脳の右脳を使って記憶する力つくらしい。  これはちょっとすごい。 FCIスクールも「ピコそろばん教室」開いています。

総論  計画的学習習慣の確立

塾長が音声で、詳しく解説します
tecnic (1).wma
Windows Media 音楽ファイル 9.5 MB

1 (       )前がもっとも成績が伸びる。

  1. ボーダーライン上の生徒は1点で合否が左右されます。1点に何十人という生徒が集中しているというのが現実です。
  2. もしあと1ヶ月で( 10 )点以上プラスできれば、奇跡が起こる。

2 週間計画を立てるのが(   )でしかも(   )がでる。(計画を立てて自分のやるべきことを把握する。)

 [1日目] まず8時がきたら、( 机に座って )みる。
テレビを見て面白おかしく時間が過ぎてしうのでは、全く自分は進歩していない。
 [2日目] ( 苦手分野 )はどこかを( 教科書)を見ながら一覧表にしてみる
漠然と例えば数学が分からないではなくて、教科書や問題集の目次などを見ながら、どこが分からないのかノートに書き出してみる。
 [3日目] 弱点が分かれば、(  計画 )を立てる
自分の弱点が分かれば計画を立てる。計画を立てると不思議と( やる気  )になる。
<立案のポイント>
①弱点分野の全部はできないから、( 優先順位 )を決める
②弱点分野のどこを何時から( 何ページ )するかを具体的に書く。
③( 暗記 )タイムを30分必ずとる。
  • 暗記だけに集中する時間を毎日30分とる。
  • ( 暗記ノート )を勉強しながら作っていく。
  • 「30分でこれだけ」と時間と覚える分量を決めて(    )で暗記する。
  • 覚えることがたくさんある人は「( サンドイッチ )式」で集中力を維持する。
④過去問を何度も解く
  • ( 予想問題 )は過去問に書いてある過去問で出題傾向をつかむ。
  • できなかった問題は( 来年出る )と思え。できなかった問題は何度も解け。
 [4日目] ( 日記 )を付ける
1日、全力で頑張って、どんな些細なことでもいいから、やって良かったと思うことを日記に書いておき、最後に「今日も( よく頑張った )。」と書く
 [1週間後] 計画を( 修正 )する。
1週間後必ず計画は失敗しているはずだ。それはあなたの意志が弱いからではなく、理想の自分を追求したからだ。目標は変えなくていい、もっと効率的でより現実的な計画に修正せよ。 (計画は( 定期的に )に修正する。)

「奇跡を生む入試1ヶ月前の学習テクニック」

各論  科目別学習法

社会の勉強は教科書を読むな
tecnic (japanese).wma
Windows Media 音楽ファイル 9.2 MB

 [英 語]

  1. 英語上達のポイントは「( 音読 )」。言語は情報交換の道具として登場したわけで( 耳 )からの言語に最も脳が反応するからだ。
  2. 入試英語は( 長文 )重視。まずは(      )と(      )の暗記。長文になれる。
  3. 最初は精読で文を徹底理解。その後は( 声を出 )しながら読む( スピード )を上げる(速読へ)
  4. 入試長文問題の( 過去問 )をしたら( 速読 )の練習に使い最低5回は読みスラスラと読めるまで練習する。(もちろん(  声を出しながら  )
  5. 自由英作文は(  予想問題  )を自分で考えておき解答を暗記しておく。


[数 学]

  1. 数学は中学3年間の350の「( 基本例題 )」を理解し暗記すること。
  2. 数学は(      )と(      )につきる。できなかった問題は何度も解いて解法を暗記。分からない問題は解答を何度も(  写せ )。そのうちに分かってくる。

[国 語]

  1. 物語は「( 感情移入 )」で。設問は情緒的 →物語に入り込んで( 涙を流)しながら読む。登場( 人物 )になりきって答えるしかない。
  2. 随筆は「速読」で「森をみて木を見ず」。 →「( なるほど )」とうなずきながら読む。解答は本文から、探し( 本文 )の表現を使って解答する
    →どちらも「( 素直  )な心」と「( 共感 )力」が必要。
  3. 漢字は日頃から( 漢字)を使う習慣。( 作文  )力は日記を付ける。

[理 科]

  1. ( 理科 )は最も短時間で急激に成績を上げられる科目だ。
  2. 第2分野は、ポイントを押さえて覚えるだけ。
  3. 第1分野は、教える側の力量に左右される。

[社 会]

  1. 歴史 (  教科書  )を読んでも、ダメ。(  問題集 )でどこが出るかを把握する。
  2. 地理 歴史と同じ。問題集から重要ポイントを把握し、そこから暗記すべきことを絞る。
  3. 公民 上記と同じ。問題集から勉強すべき課題が分かる。問題集中心で理解したら暗記。

「奇跡を生む入試1ヶ月前の学習テクニック」

その他の入試必勝法

長寿「遺伝子 サーチュインとはなにか
tecnic(sonota).wma
Windows Media 音楽ファイル 8.0 MB
入試当日には、速攻元気がいい
(5)sonotanokohan.wma
Windows Media 音楽ファイル 8.5 MB
  1. 勉強部屋にテレビ・( 漫画 )・( ベッド )をおくな
  2. ( 朝食 )は抜くな。
  3. 帰宅後間髪を入れずに( 30 )分以内に勉強に取りかかる。マーチ音楽を利用。BGMは有効。
  4. 学校から帰って寝てから学習は非能率、どうしても眠たいときは( 15分 )睡眠法
  5. ( 夕食 )前に勉強は絶対。( 飢餓 )状態が脳を活性化する。ただし適度の( ブドウ糖 )補給が必要
  6. 夕ご飯は腹8分目、風呂は夕食後スグに。又は夕食後勉強をした後、気分転換で入る。長湯は禁物、5分~10分ですます。シャワーだけでもいい。
  7. 寝る前に( 成功イメージ )を描け。朝30分早く起きて、前日暗記した内容をチェックしろ
  8. 手帳の利用 分からないことや、これから勉強した方が良いと思ったことは、忘れないうちに手帳にメモをしておく。時々手帳を見て、これから何をどのように勉強すれば効率的か、( 戦略 )を考える。
  9. 耳栓学習法 骨振動で自分の声を拡張して聞く。(( 声 )を出して勉強。特に( 英語 ))
  10. 学習ののびはある日( 突然 )急激に伸びる(ベキ乗効果)→努力の継続が大事
  11. 試験当日には、( あめ )でリラックス(ブドウ糖補給)、脳の回転を速める。
    (  ドリンク剤 )(1000円程度)や速効元気も有効 。